ゆとり系ポンコツラーメン

ゆとり世代の投資家junがお届けする、投資からはぐれてポンコツラーメンをすするブログ。

年賀状の断捨離成功!ついに1枚まで減らせた!新年早々嬉しい!



スポンサーリンク

いやぁ、新年早々嬉しいことが続いています。

年賀状がついに1枚になったんですよ。

年賀状いらない系男子です!

f:id:investorscafecore:20160101121105j:plain

僕は常々思っています。

もう年賀状いらない!

はい。何度でも書きましょう。

  1. 「あけおめ。ことよろ。」これで事足りる。
  2. 年賀状送らない程度で疎遠になる関係ならそれまで。
  3. 年賀状代、印刷のためのインク代、時間がもったいない。
  4. お年玉くじ?どうせ当たらない。
  5. 年末年始になってまで人間関係に気を使いたくない。
  6. 年賀状ノルマ(自爆営業)に反対。

面倒で、お金がかかって、人間関係に苦しむ。

もうたくさん!

年賀状とは、日本最古のFaceBookである

結婚しました、同棲しました、子供ができました、成長しました、何してます、これしてます、アレしてます。

いらね。

本当に、いらない。

ただでさえ、1年も2年も、下手したら10年も会わないのに、年賀状出す意味が分からないですもん。金と時間のかかったFeceBookじゃないですか。

ダラダラした関係を断ち切る

そりゃ、1年に一回ですけどね。

誰かを思い出して年賀状書くのは。

でも、僕は素敵なことだとは思いません。

顔も合わせないし、声も聞かないし、特にお世話になった記憶もないか、だいぶ昔の話だったり。

ダラダラ送り合うんだったら、出すことないなって思いますよ。

それだったら、もっと近しい人に出しますよ。

まとめ:年賀状ほどダラダラした人間関係はない!断捨離すべき

どのみちプリントアウトして送ってたら、業者とやってること変わらないですからね。

それに、「去年も来たから今年も出すか。」とか、「(10年)前にお世話になった人だから」って、会いもしないのにダラダラ出しちゃうんですよ年賀状って。

大事な人、本当にお世話になっている人、近しい人。

そういう人に集中して御礼や慶びの言葉を述べる。

僕はこれからもそうしていきたいですね。