ゆとり系ポンコツラーメン

ゆとり世代の投資家junがお届けする、投資からはぐれてポンコツラーメンをすするブログ。

言い間違いや言葉の誤用程度で恥知らずな指摘をしてはいけない。



スポンサーリンク

ツイッターで流れてきた友人のはてなブログ更新記事。

ふんふん、なるほど。

最後まで読み切った。

で、たまたまコメント欄をのぞいたら・・・。

 「言葉を誤用している」

www.ishikawayulio.net

確かに、友人のブログで用いられていた言葉は誤用だった。

でも、そんなことは問題じゃない。

大切なのは、伝えようとした中身だ。

なのに、コメント欄には誤用を指摘する頓珍漢なコメントがズラズラと出てくる。言葉の誤用なんて誰でもするし、完璧な人間なんていないのに。まるで犯罪でも犯したかのような言いようのものまで存在する。

「失敗を許さない」恥知らずな人たち、いるよねぇ。

f:id:investorscafecore:20160106174740j:plain

たかが言葉の誤用だぜ。

コメントにするにしたって、1個指摘するものがあれば十分でしょうに。

それをさ、執拗に書いている人なんなの?

何様なの?

そんな悪いこと?

許されない失敗なの?

あなたは言葉を誤用したこと一度もないの?

こういう人ってあれだよね。先生や上司が話している最中にちょっと言い間違えると、近くの人に「今間違えたよね?」とか言う、悪い嫌われ方をするタイプ。

僕が上司なら、即リストラ候補だね。

本質よりも間違い探しをしたがる人は優先順位が狂っている

f:id:investorscafecore:20151213135213j:plain

こういう人は、他人の上げ足を取るとか、そういうことに常に神経を使っているから、中身なんてどうでもいいんだよね。「本質<間違い探し」って、脳みそにプログラムされているから。

だから、コメントに書いちゃう。

優先順位が高いから。

コメント欄を見ていると、きちんと読んでいる人は記事の内容を理解したコメントを残している。「本質<間違い探し」の人は、間違いの指摘が主になっている。

おそらく他のブログでもそうやってコメントを残しているんだろう。

まとめ:枝葉末節の間違いを指摘して喜ぶような人は、それがただの迷惑行為だということに気が付くべし!

間違いの指摘は悪いことじゃない。

でもそれは、中身が間違っていたらの話。

ちょっとした言い間違いや言葉の誤用が、ブログ中身より優先順位が高いなんてどうかしている。しかも、わざわざコメントに残すなんて意味が分からない。

そろそろ気づけ。