ゆとり系ポンコツラーメン

ゆとり世代の投資家junがお届けする、投資からはぐれてポンコツラーメンをすするブログ。

高速バスの車内で靴を脱ぐなぁぁぁぁ!臭っ!う゛う゛ぇ!



スポンサーリンク

先日、クラウドバンクのセミナーに参加してきたんです。

ytrsdijun.com

セミナーが終わり、福島に帰るためにバスタ新宿から夜行バスに乗車。

「疲れた。寝よ寝よ・・・。ん?」

臭っ!う゛う゛ぇ!

f:id:investorscafecore:20160410133600p:plain

「あぁ~、っこいしょ!」

僕の前に座った人だと思う。

ガタン!

前席の座席後方下にある足置きを、少し乱暴に落としたようだ。

すると、しばらくしたら激臭が!

「臭っ!う゛う゛ぇ!」

車内で靴を脱ぐなぁぁぁぁ!

・・・。

これは夜行バスなのだ。罰ゲームじゃないんだよ。

ただでさえ寝心地の悪い車内で、これから寝なければならない。

それなのに、車内に足の臭いが漂うだと!

冗談じゃない!

対処法1:香水(アロマオイル)

たまらずネットで対策法を調べると、こんな記述が。

アロマオイルを利用するのがおすすめです。 ハンカチに数滴垂らして口や鼻に当てて吸い込めば、イヤな臭いを忘れさせてくれます。ティッシュに数滴染みこませて、それをマスクの中に入れてもいいですね。

引用元:バスの中の恐怖…それは悪臭!おすすめ対処法は○○!?|全国の格安比較バスサガス

んなもんあるかぁ!

ただでさえ、僕は香水も大嫌いだ。

ytrsdijun.com

数滴とはいえ、その香水そのものが別の誰かの迷惑になる可能性も否定はできないし。

そしてまず持っていない。

却下。

対策法2:直接言う

直接言ってみようか。

『あなたの足が臭いのでなんとかしてください。』

いやいやいやいや!

セミナー後の疲労感で余計な体力は使いたくないし、そもそも座席は決められているから移動はできない。かといって、「靴の中にオクサレ様をまた入れろ」なんて争いになりかねない。

ここで争っても、結局バスの運行の妨げになってしまう。同じ意味で、乗務員に相談しても仕方ない。

これも却下。

対策法3:備え付けの毛布を頭から被る

どうしていいか分からず、とりあえず座席にあった備え付けの毛布を頭から被ってみた。

ん?

「お!これはいい!」

臭いがほぼシャットアウトされた!

毛布のわずかな香りが臭いを軽減してくれている。

しかも毛布をかぶった後、臭い発生源とは反対側に空気穴のような隙間を開けておけば、かなり環境は改善されるようだ。

ということで、僕はこれでなんとか乗り切ることができた。

まとめ:高速バス車内で靴を脱ぐならTPOを考えろ!

リラックスのために車内で靴を脱ぐ人が多いんだけど、ちょっと考えてほしいんだよね。

例えば、まだそんなに歩き回っていない状態で靴を脱ぐならまだいいよ。でも、仕事や遊びで1日中歩き回った靴を脱ぐって、誰だってヤバイでしょ?

ましてほぼ密閉空間なんだから。

TPOを考えましょう。