ゆとり系ポンコツラーメン

ゆとり世代の投資家junがお届けする、投資からはぐれてポンコツラーメンをすするブログ。

スマートツッコミの技術を分析してわかった2つのこと



スポンサーリンク

どうも!スマートツッコミを分析している@xi10jun1です。

スマートツッコミとは、フットボールアワー後藤さんの、切れ味のある面白いツッコミのことを指すようです。

テレビで披露される後藤さんのスマートツッコミで大笑いしてしまいますが、よくよく分析してみるといろいろ分かってきました。

スマートツッコミを分析して分かったこと1:相手に想起させる

f:id:investorscafecore:20151213150213j:plain

例えば、後藤さんのスマートツッコミにはこのようなものがあります。

「お前、よくそんなギャグ出せたな。陶芸家やったら割ってるヤツやで」

引用元:フット後藤のたとえツッコミ・名言集:お笑い芸人のネタ データベース

滑った芸人に対しての強烈なツッコミ!

この一文だけでも笑ってしまいますが、これを紐解いてみます。

状況の共通項を見つける

まず、芸人のギャグが滑ったのは、面白くなかったから。芸人にとって面白くないギャグはいわゆる「失敗」となります。

で、陶芸家が作品を割るのは、出来が良くなかったから。要は「失敗」したからです。

ここで「失敗」という共通項が見えてきました。

「直接」ではなく「間接」で表現することで相手に想起させる

さて、ここで「失敗」したことを直接的に表現したらどうでしょう?

「お前、よくそんなギャグ出せたな。おもろないで。」

これだと、ツッコミも面白くありません。ただの指摘・評価です。

「陶芸家やったら割ってるヤツやで」と後藤さんが突っ込んで面白かったのは、一般的に陶芸家が作品を割る状況(出来が良くなかった=失敗)を、ツッコミを聞いた人に想起させたからです。

例文

これと似た後藤さんのスマートツッコミのフレーズには、次のようなものがあります。

「奥歯のほうで猫死んでますよ」

「リモコンのミュートボタンくらいですよ」

引用元:フット後藤のたとえツッコミ・名言集:お笑い芸人のネタ データベース

※「リモコンのミュートボタンくらいですよ」はたぶん「リモコンの電源ボタンくらいしかないで」の間違いかと思われます。

いずれにしても、上は「臭い」という共通項が、下は「小さい」という共通項が隠れていて、それを別の何かに転換して突っ込んでいるわけですね。

スマートツッコミを分析して分かったこと2:一般的な「モノ」とその意味・動作で突っ込む

f:id:investorscafecore:20151203102014j:plain

他にはこんなツッコミも。

「脳みそ一晩中ハイターにつけとけ!」

引用元:フット後藤のたとえツッコミ・名言集:お笑い芸人のネタ データベース

あぁ、もうダメ。お腹痛い!

一般的なモノや事象の意味・動作で突っ込む

ハイターってどんなときに使うかというと、キッチンまわりの落とせない汚れや菌を漂白・除菌するために用いますよね。

こんなふうに、一般的なモノや事象の意味・動作を、相手の状況に合わせて、的確に表現しているわけです。

例文

これと似た後藤さんのスマートツッコミのフレーズには、次のようなものがあります。

「四捨五入したらオスですよ!」

「ロキソニン6錠いるわ!」

引用元:フット後藤のたとえツッコミ・名言集:お笑い芸人のネタ データベース

 まとめ:やっぱ後藤さん面白ぇ!

こうして見てみると、ついやってみたいと思うものですが、なかなかできるものではございません。何かこう、スパーン!と腑に落ちるような、ボキャブラリーの選択の巧さがあるんじゃないすかね。

そこらへんはセンスなんだろうなぁ(;・∀・)